【美めぐり習慣】は妊娠貧血を改善できる?妊娠中、授乳中の貧血も改善する?

妊娠中

 

妊娠中から産後の授乳期は女性の体内で鉄分が大量に消費され、貧血に悩むママが多いですよね。

 

このページでは
【美めぐり習慣】で妊娠中・産後の貧血は改善できるの?
【美めぐり習慣】を妊娠中、授乳中に飲んでも、ママや赤ちゃんに心配はないの?
をテーマにお伝えしていきます。

 

 

【美めぐり習慣】は妊娠中に飲んで大丈夫?

 

妊娠中の貧血に悩むプレママはとても多いのですが
鉄分補給サプリ「美めぐり習慣」は、妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。

 

結論から言えば、「美めぐり習慣」は栄養機能食品なので妊娠中でも心配なく飲むことができます。

 

栄養機能食品とは?

毎日に必要な栄養分が不足しそうな場合に、それを補給するために利用できる食品。
すでに科学的な根拠が確認されている成分を基準以上含んでいるため、
国が定めた方法によって、効能や働きを表示することができる食品です。

 

美めぐり習慣

 

>>美めぐり習慣の公式サイトへ<<

【美めぐり習慣】は妊娠中の貧血も改善できるの?

貧血症状

 

一日に必要な鉄分の量

 

では、妊娠期に必要な鉄分の量はどれくらいなのでしょうか。

 

 

【厚生労働省の妊娠期の栄養推奨値】

 

厚生労働省の妊娠期の栄養推奨値

厚生労働省の妊娠中鉄分推奨値

 

厚生労働省が公表しているデータによれば、通常、女性に必要な鉄分量は1日当たり10rなんですが、妊娠初期では「プラス2.5r」、さらに妊娠後期になると「プラス15r」も多く摂取しなければならないことが分かります。

 

つまり、
妊娠期に必要な鉄分量は、妊娠初期で1日12.5r程度
中期・後期で25rにも及びます。

 

妊娠初期は、胎児が小さい状態で月経が止まるので一時的に貧血が改善する方もいます。

 

でも、妊娠の後期に赤ちゃんが急に大きく成長するときは、ママは赤ちゃんのための血液も大量に作らなければなりません。

 

貧血

 

そのため、それまではなんともなかった人でも、妊娠後期になると急激に貧血の症状が出てしまうこともあるんですね。

 

さらに、赤ちゃんが成長するために必要な鉄分もママの体から大量に吸収するため、ママは貧血になりやすくなります。

 

赤ちゃんが大きくなる「妊娠24〜32週」が特に貧血になりやすい時期だといいます。

 

美めぐり習慣

 

必要な鉄分量は、妊娠初期で1日13r程度、中期・後期で25rですから、【美めぐり習慣】だけで全ての鉄分を補給できるわけではありません。
(「美めぐり習慣の1日分の配合量は10r)

 

しかし逆に、こうしたサプリを使わずに充分な鉄分量を確保することはとても難しいといえます。

 

妊娠中は貧血解消のために食事からも積極的に鉄分を摂りたい時期なのですが
レバーやウナギは大量に食べてはいけないという難しい時期でもあります。
(※妊娠初期にレバーなどでビタミンAを大量に摂ると胎児に悪影響があるため)

 

そうした中で、普段の食事から鉄分を充分に摂ることができないとすれば
鉄分補給のためにサプリメントを使うことは、とても理にかなった方法だといえます。

 

美めぐり習慣は鉄分が補給されるだけでなく、葉酸やビタミンC、ビタミンB12やビタミン6などの栄養も補給でき、これらが鉄分の吸収率も高めてくれています。

 

 

一日5粒

【美めぐり習慣】を使っている妊婦さんの口コミ

妊婦

 

ネット上で、【美めぐり習慣】を使っている妊婦さんの率直な感想を見つけることができましたので、紹介しますね。

 

妊娠中はめまいがひどく、鉄分補給サプリを飲んでいたんですが

どれも匂いや味がひどくて飲みづらく大変でした。

 

でも美めぐり習慣は粒も小さくて飲みやすいから今でも続けて愛用してます。

 

妊娠中のつわりでご飯がほとんど食べられなくなり、

少し歩いただけで立ちくらみ、息切れするようになったので貧血対策で飲み始めました。

 

少し独特な匂いがしますが、粒が小さいので飲みやすいです。
飲み始めてからは、立ちくらみすることもなく、大きなお腹でもわりと元気に動けています。

 

検診で定期的に血液検査がありますが、おかげで、貧血で引っかかることはありませんでした。
産後もこのまま続けるつもりです。

 

妊婦イラスト

問題は胃痛と吐き気をおこさないか
朝1.昼2.夜2の5粒を飲み

 

吐き気ない!!!!
胃痛ない!!!!

 

美めぐり習慣すごい
飲める鉄分を見つけて一安心

 

葉酸も入っています
生姜も入っています
生姜はポカポカさせてくれるし
つわりにも良いんですよね

 

しかし生姜は取りすぎ注意なため
いつも飲んでいるハーブティーから
ジンジャーを外してブレンドしました

 

妊娠中ももちろんですが、産後の育児も体力勝負になりますよね。

 

貧血知らずの元気な産後を迎えられるように
妊娠中から体のコンディションはきっちりと整えておきたいものです。

 

>>美めぐり習慣の公式サイトへ<<

【美めぐり習慣】は産後・授乳中の鉄分不足にも効果がある?

 

美めぐり習慣は産後・授乳中のママの鉄分不足にも効果があるのでしょうか。

 

この点について、販売元の「さくらの森」に確認したところ

 

「美めぐり習慣は授乳中でもお飲みいただけます」との回答でした。

 

「美めぐり習慣」はナチュラルな原料にこだわって製造しているため保存料・着色料・香料なども一切使用されておらず、
ママの体、母乳、赤ちゃんの全てに安全だということでした。

 

ただ、現在処方されているお薬がある方、他のサプリを利用されている方は、
念のためにかかりつけのお医者様に相談してみると、より安心ですね。

 

>>美めぐり習慣の公式サイトへ<<

 

 

授乳中は積極的に「鉄分サプリ」を利用するべき

 

授乳

 

お医者様に相談すると、産後・授乳期は積極的に鉄分を摂るように指導されるケースも多いと思います。

 

なぜかというと、授乳中のママは鉄分がとても不足しがちだからなんですよね。

 

鉄分は、赤ちゃんが成長していくために大切な栄養素。

 

だから、ママの体からは鉄が優先的に母乳へとに移行して
積極的に赤ちゃん鉄分を送ろうとするからなんです。

 

授乳中のママが「鉄欠乏性貧血」になる危険が高いのはそのためです。

 

厚生労働省も「日本人の食事摂取基準」の中で、
母乳によって失われる鉄分を補うために、授乳期のママはより多くの鉄分を摂るように勧めているんです。

 

鉄分を含む食材

 

鉄分が多く含まれている食品といえば・・・

ひじき、ほうれん草、小松菜、納豆、豚レバー、鶏レバー、プルーンなど

が挙げられますが

 

鉄分は、それ単独で摂取してもなかなかうまく吸収できないため
ビタミンCや銅、亜鉛、動物性タンパク質なども一緒にとって鉄分の吸収をサポートする必要があります。

 

こうしたことを考えると、

 

鉄分の多い食事を心掛けることはもちろんですが、
鉄分と、鉄分の吸収を助けるサポート成分が配合された
「美めぐり習慣」のような鉄分サプリ

 

 

を活用することが効率的といえますね。

 

 

>>美めぐり習慣の公式サイトへ<<

 

 

 

お医者様への相談のために「美めぐり習慣」の全成分をお伝えします

 

「美めぐり習慣」に配合されている全ての成分についてお伝えします。

 

成分表示

有機生姜末、有機モロヘイヤ、スピルリナ、ハーブエキスパウダー、
豚肝臓酵素分解物、マルトデキストリン、アセロラ、ヘム鉄(豚由来)、
セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ステリアン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸

 

美めぐり習慣は、鉄分だけでなく、鉄分の吸収を助けるための成分や
ビタミンBや葉酸、しょうがなども配合されていて、
鉄分を補いながら冷え症を改善し、全身の巡れがよくなるように考えられています。

 

とくに葉酸は、赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素でもありますね。

 

 

>>美めぐり習慣の公式サイトへ<<